海外勤務に興味があるなら積極的にチャンスを掴もう!

チャンスがあれば積極的に!

海外で働くチャンスを獲得するためには、そのための情報収集が欠かせません。何より海外で働きたいという自分の希望を周囲に伝えて、耳寄り情報が引っ掛かるよう、網を張っておきましょう。特に海外の企業に就職しようと考える場合には、おおっぴらに求人情報を流すのではなく、人脈を通じて採用活動が行われることも少なくありません。どれだけ自分の希望に沿った働き方ができるかは、この情報収集に掛かっているのです。

チャンスがあれば積極的に!


ビジネスに特化したSNS「Linkedin」

まずこのインターネット全盛の時代に、SNSを活用しない手はありません。今現在海外で働いている人や海外での就職事情に詳しい人を、SNSを使って探しましょう。
TwitterやFacebookで検索すれば、リアルな情報を拾うことができます。

LinkedInで海外で働いている人を探しませんか。

LinkedInで海外で働いている人を探しませんか。

Linkedinは、馴染みがないかもしれませんが、ビジネスに特化したSNSとして世界中の人が利用しています。

特別アピールできるようなスキルがある人には、うってつけと言えるでしょう。
更に書店に行けば、海外就職に関する様々な書籍が並んでいます。このような情報は古いと思うかもしれませんが、著者が同時にリアルタイムで、SNSでも情報発信していることがあるのでフォローすると良いでしょう。

同志を探す

また実際に働いている人の情報も大切ですが、同じく海外で働くことを夢見る同志を探すことも重要です。各地で海外就職セミナーなどが開催されているため、出席してみると良いでしょう。同じように情報収集をしている仲間との情報交換は、有益です。一足先に夢を実現する人が身近に出れば、それだけでもモチベーションが上がります。
仮にそのようなイベントに実際に参加するチャンスが無いというのであれば、ネット上で同志の集まる、SNSグループやコミュニティサイトに参加してみると良いでしょう。

実際に話を聞く

もっともこれらの情報収集では、中々自分の中に沸き起こる疑問や不安を解消するのは難しいものです。そこでSNSで知り合ったりした海外で働く人に、実際に会うなどして直に話を聞くことも大切です。
しかし飽くまで相手の都合を最優先とし、自己紹介もなく押しかけるのは禁物です。仮に海外まで出かけている余裕がないのであれば、一時帰国のタイミングを狙うという手もありますが、あまり多くを期待しないことが肝心です。

日本語のフリーペーパーを取り寄せる

また現地でのリアルな情報として、大きな都市部などでは、海外在住の日本人が、日本語のフリーペーパーを発行している場合があります。お店や観光情報などが主ですが、求人情報が載っている場合もあるので、取り寄せてみると良いでしょう。

PAGETOP